働きながら上手に転職活動をするために知っておくべき8つ項目


働きながら転職活動をするためのコツ

現代は空前の転職ブームになっています。かつての時代とは異なり、同じ会社で定年まで勤め続ける人は減り、また難しくなってきています。自分のやりたいことが今勤めている会社では実現できない場合や、更に年収をアップさせるためや、入った会社がブラック企業であった場合はそのままずっと耐え続けるよりかは多少リスクがあっても行動を起こすべきです。

とはいえ、辞めてしまうと収入が途絶えてしまいますので出来る限り在職中に転職活動を進め、ブランクなくスムーズに次の職場へ転職することが最も安全な道です。

転職活動をしていることが会社内でバレテしまうと、何かと問題があります。決してメリットはありません。急に扱いが雑になったり、出世の道が途絶えたり、休日出勤を強いられたり、地方への転勤を言い渡されるかもしれません。ですので、できるだけ上司や同僚にばれないように転職活動が求められます。

ここでは働きながら上手に転職活動をするためのノウハウを提供し、少しでもキャリアアップを目指している皆様のお役にたてればと思います。

1.転職をする必要性・メリットについて


まずは転職の必要性について考えていきましょう。

【給料面】
あなたの市場価値というものはなかなか正確には測ってもらえません。年収1,000万円をもらえる価値のある人材であるにもかかわらず、たまたま就職した会社の経営状態が悪くなったことを理由に十分な給与をもらえない事だってあります。あなたのような人材は他の企業からは喉から手が出るほど欲しいと思われているにもかかわらず、今いる企業に勤めてしまっているために給料アップのチャンスを失っている可能性があります。

この先、あなたの勤めている会社では給料面で将来性が見込めないのであれば、転職活動をしてあなたの市場価値を正確に測ってもらうことがあなたにとって大きな利益をもたらしてくるはずです。キャリアアップのため転職市場にあなたを評価してもらいましょう。

【自己実現面】
今の仕事はやりがいのある仕事でしょうか。給料面はともかくとして、自分のやりたくない仕事を一生続けるほど無意味なものはありません。月曜日から金曜日までぐっと我慢して、土日を楽しみ、また日曜日の夜に鬱になって、我慢の一週間が続く毎日。そんな人生を過ごして幸せなはずはありません。

もちろん、嫌いなことをしてそこそこのお金持ちになっている人が現代には多いようです。給料面では多少劣るものの、自分のやりたいことをして日々を過ごすのと嫌いのことをして過ごすのとどちらがいいでしょうか。転職は自己実現のためにも必要な選択であると思います。

また、好きなことであればどんどん極めて、その分野ではかなりレベルの高い人材になれるでしょう。そうなると、あなたの能力は差別化され報酬も自然とアップするはずです。嫌いなことをするよりももっと報酬も上がるかもしれません。ですので、一概に好きなことをすることを馬鹿にしてはいけません。

2.なぜ働きながら転職をするのか?


冒頭でも触れましたが、退職してから無職の状態で転職活動をするよりも働きながら転職活動をすることをおすすめします。

【収入面】
いうまでもなく、退職してしまうと収入が途絶えてしまいます。家族を養わなければならない状態の人は変にブランクをあけて家族を心配させてしまうことは極力さけたほうがいいでしょう。

【転職成功率に影響 ブランクを空けない】
退職してゆっくりと本腰を入れて転職活動するメリットももちろんありますが、なかなか転職先が決まらず、ブランクを空けてしまうとあなたの市場価値が下がってしまいます。面接時にも何故こんなにブランクがあるのかと聞かれてしまいますし、ブランクがあるとどうしても仕事の感覚を忘れているのではないかという疑念を抱かれてしまい、転職活動に悪影響を及ぼしてしまいます。出来る限りブランクを空け無いほうが信頼感も高まり、希望の会社へ転職できる可能性が高まるでしょう。

【無職になるリスクを抑える】
退職してしまうと収入が途絶えるのはもちろんのことですが、希望の会社に必ずしも入れるとは限らず、無職の状態が続いてしまう可能性があります。ダラダラと時間が過ぎればすぎるほど再就職の可能性は低くなっていきます。今の会社が辛くても働きながら転職活動をすることをおすすめします。


3.働きながら転職活動をするには求人サイトのスカウト機能を上手に活用する


働きながら転職活動をするには求人サイトを利用することをおすすめします。特に求人サイトのスカウト機能はWEB上で履歴書を登録し、スカウト登録しておけば、あなたに興味をもった採用担当者からオファーが届き、転職活動をスムーズに運ぶことができます。なかなか仕事が忙しくて転職活動に時間が取れない方はスカウト登録だけでもしておくと良いでしょう。

スカウト機能はリクナビNEXTが充実しているためおすすめです。

一歩ずつ転職活動を始めていきましょう。

4.ハローワークよりも求人サイトが優れている理由


ハローワークはどんな企業でも無料で求人情報を掲載することができます。助成金が出るケースもあるため、採用する気がそれほどない零細企業でも登録しています。

一方、求人サイトで募集をかけるためには多額の掲載料が必要です。月々の掲載料+採用が決まった時の成果報酬も支払わなければなりません。年数の数十パーセントが報酬とされているためかなりの費用がかかります。そのため、求人サイトに登録している企業はそれなりに本気で採用活動を行っている企業であり、かつ比較的資金に余裕がある企業であると言えます。

優良企業に転職したいのであれば求人サイトから転職先を探すことがいいでしょう。もっとも、ハローワークは在職中には原則使えませんので求人サイトを使うことになるとは思います。


5.上司や同僚にばれないように転職活動をしよう


なるべく転職活動をしていることを上司の人や同僚にばれないようにしましょう。広まってしまうと業務に差し支える可能性があります。ブラックな企業であれば、どうせ辞めるつもりならばと無理な残業を押し付けられたり、地方に転勤させら足りする可能性があります。

転職が無事に行けばいいのですが、長期化してしまったり転職する気が無くなった時に備えて、現在の職場でも転職活動をしていることを悟られないようにしましょう。

6.面接希望日と仕事が被らないようにするには



現職がある場合、どうしても転職希望先の面接の日程と仕事が被ってしまうことがあるかと思います。

そこは正直に現状を伝えて日程を変えてもらうようにしましょう。

嘘をつくと後々ツケが回ってきます。正直に働きながら転職活動をしていることを伝えて面接の日程を調整してもらいましょう。そのことが採用のマイナスにはならないと思います。


7.ブラック企業に入らないようにする方法 ブラック企業の見分け方



転職を成功させてもブラック企業に入ってしまっては意味がありません。事前に企業の口コミ等をチェックする等ブラック企業入らないようにしましょう。企業の口コミは転職サイトのキャリコネ転職サービスで無料でチェックすることができます。


口コミのほか、年収情報や残業・休日出勤情報、面接体験談も無料で見れますので情報ツール用として活用しましょう。

また、ブラック企業の見分け方についてはブラック企業の見分け方のサイトも参考にしてください。


働きながら賢く転職活動をする方法 まとめ


以上、働きながら転職活動をする方法について紹介いたしました。

なかなか時間がとれず行動に移せていない人はまずは求人サイトのスカウト機能に登録することから始めていきましょう。求人サイト側も転職先を探してくれてアドバイスしてくれますので、徐々に本気で転職しようと行動するようになるかと思います。

では、みなさまが無事転職を成功させることを願っています。

2017年8月追記:面談する時間があるならエージェントもおすすめ

働きながら転職活動をする方法として転職エージェントを利用するという方法もおすすめです。

転職エージェントとは転職のプロが面談であなたの希望年収、能力、向いている職業を分析し、最適な転職先を探してくれるサービスです。

面談をしなければならないので、一定の時間は必要ですが、面談が完了すれば、あとはお任せで、企業との給料交渉もしてくれますので、総合転職サイトよりも早く転職先が決まる可能性が高いです。

しかも、エージェントはあなたの転職先の年収によって成果報酬が決まるため、できるだけ年収の高い企業へと転職を誘導してくれます。

高年収転職がターゲットですので、あなたの能力、学歴、実績等はある程度考慮されますが、高年収を狙いたいのであれば、利用してみてください。

おすすめの転職エージェントは以下の3社です。


以上、お役に立てれば幸いです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。